サーターアンダギーのおやつを差し出す優しいおばぁ

沖縄に旅行に行ったときに、沖縄の古くからの街並みがそのまま残されているという観光施設を訪れました。

その中に、おばぁが、サーターアンダギーを昔からの方法で、大きな土間に台所で揚げてくれたのですが、そのサーターアンダギ―がすごくおいしかったことを今でも覚えています。
おばぁが、にこにこしながら、どこから来たの?ゆっくりするさーと優しく声をかけてくれながら、出来立てのサーターアンダギ―を、まるで親戚の子どもに配ってくれるみたいに、親しみをもって食べさせてくれて、サーターアンダギ―のおいしさに、おばぁの暖かさがプラスされて、とても素敵な思い出になりました。

観光で訪れていることも忘れる位、自然に、おもてなししてくれるので、ずっとここにいたい、と思うほどでした。
サーターアンダギ―は、昔から、沖縄でおやつに食べられていたもので、派手なおやつではないけれど、おなかも満たされるし、甘くておいしいし、その時から私にとって、大好きな食べ物になりました。
家で、おばぁがおやつにサーターアンダギ―を作ってくれ、おじいは三線を奏でる風景・・・。

とてものどかで幸せですよね。

そんな幸せな風景を実際に体験することができる嬉しい観光施設、沖縄に行く友達には、必ずおすすめしています。